MENU

借金返済のシュミレーションはここ↓が一番わかりやすかったし、使いやすかったです。

 

無駄な出費を減らして、どうすれば一番楽に返せるのかがわかります。

 

自分で考えて悩んでいるよりも、借金返済シュミレーションを使ってみましょう!

 

無料で利用できて匿名OKなので気軽にできますよ。

 

⇒借金返済シュミレーションを詳しくみてみるなら・・・

 

 

シュミレーションを使うと何がいいの??

 

今のあなたにあった最適な借金返済方法を教えてもらます。

 

例を挙げるとこんな感じです。
借金返済シュミレーション

 

毎月の返済額が減れば楽になりますよ。少し美味しい物も食べに行けたり、ちょっとした旅行に行けるようになったり。

 

借金に追われる日々から抜け出しませんか?

 

ほんと、知らなきゃ損な方法なのでまず試してみるといいですよ。

 

⇒無料・匿名の借金返済シュミレーションをやってみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金返済シュミレーション

 

クレジットカードのリボ払いで首が回らなくなりかけている話

これは、私が現在陥っている状況についての話です。

 

クレジットカード、という非常に便利なアイテムが現代社会にはあります。このクレジットカードの最高のメリットは、今手元にお金がなくても、買い物ができるというところにあります。

 

リアルの店舗でクレジットカードを使うときには、私の金銭感覚は麻痺していませんでした。

 

しかし、ネットショッピングで狂いました。ワンボタンで購入、と繰り返していると、1,000円、2,000円が積み重なり、次の決済日の数字を見てビックリ。

 

手元の現金を超えています。

 

というわけで、リボに振りかえるわけです。しかし、ショッピング熱は止まらず、リボでの振り替えを繰り返していくうちに、全部リボ払いでショッピング枠を使い切るという本当に馬鹿な状態に陥ってしまいました。

 

当然、ご存知の通り、リボ払いはとても金利が高く、借金を長い間抱えて利息を払い続けることになります。

 

心理学の本を読んでいると、同じ借金をしても、リボ払いにすると人間は感覚がマヒしてしまうようです。

 

私は、今、この首が回らなくなりかけている状況から脱するために、借金返済シュミレーションを利用してみました。初めはよくわからなかったのですが、これって絶対利用した方がいいと思います。借金の返済ってふつうは自分はプロではないですよね。

 

借金返済のプロ

 

プロが考える最良の方法を提示してくれるシュミレーションなので借金返済が楽になりますよ。

 

まず、リボで毎回返済する額を増やしました。そして、買い物についても、ワンボタンでの購入を徹底的に避けるように、ネットショッピングを利用する時にはプリペイドに切り替えました。

 

クレジットカードはとても便利です。そして、便利すぎるがゆえに、意志の弱い人をダメにします。しかし、私はこの一件があったおかげで、計画的にお金を使うという習慣を身に付けられそうです、ケガの功名として。

 

借金返済シュミレーター

 

財布に一円玉が三枚だけ、シュミレーションが必要だったか

「財布の中に一円玉が三枚だけしか入ってないの、これが今の全財産。」私の母が私に自嘲気味に行った言葉です。聞かされたのは中学2年生の時、祖父の介護費用と祖母の高額な趣味と度重なる叔父の離婚からくる慰謝料請求の肩代わりで、家計はまさに火の車で奈落の底にあった頃でした。給食費等の学費が支払われていないと学校から連絡があって、それを母に伝えた時に帰ってきた言葉だったと思います。祖父と祖母に聞かれないように小さな声で、初めて聞かされた自分の家庭事情でした。

 

 嘘をつかない母だったので、三円しかない現実は重くのしかかってきました。学費の支払期限はとうに過ぎており、借金返済の督促状も何通も届いていることは把握していました。当時にも就学助成金があったと思いますが、父も母も医療関係に従事していたので条件に当てはまらず受けられませんでした。どうするべきか、自分で何とか稼げないか、中学生の頭で考えられるだけ考えましたが何も思い浮かびません。中学生を雇ってくれる日雇いのお仕事なんてある筈もなく、仕方がないのでお金が落ちてないか家中をくまなく捜しました。

 

借金の返済に充てれる量なのか全然わかりません。それでも少しでもあればと思い探しまくりました。後で知ったのですが、借金返済シュミレーションを利用しておけばよかったと思いました。
借金返済ならシュミレーション

 

素人にはどうすればいいのかわからないと思います。そんな時に役に立つのが借金返済シュミレーションのようです。

 

でもそんなことを知る由もない私は、押入れや倉庫、トイレ、タンスの裏までとにかく一円でも落ちていないか、払わなければ学校に行けなくなるので必死でした。その様子を見ていた祖母には乞食みたいだと蔑まれましたが、そんな言葉には構わず家中をくまなく捜して、千円近い小銭を集めることが出来ました。これが中学生の私にできる精一杯なんだと、情けなさがこみ上げてきました。
 出てきた小銭はその後の二日間の食事代になりました。その後は給料日まで給食以外の食事は無くなりましたが、給食費は支払期限を伸ばしてもらえましたので、給食まで食べられないことにはなりませんでした。

 

借金返済で悩んだ時のこと

借金返済で悩む
私はお金で悩んだことはしょちゅうでした。考えが浅いのですね。喜んだことは、宝くじで1万円当たったことと退職金をもらったことぐらいでしょう。忘れていましたが、パチンコで20箱近く出して、当時で大金をせしめた時くらいでしょう。後は悩みぱっなしです。

 

まず最初に悩んだのは、結婚するときです。まだ若かったですね・・・当時で25歳でした。いざ結婚のときにほとんど貯蓄はありませんでした。会社には借りられません。どうしようかと悩みましたね。そこで母親にお願いして、当時で100万円近く借りました。それで結婚式と新婚旅行に行きました。その後の返済もきつかったですね。そのころはカミさんも勤めていましたが、私の給料からの返済です。小遣いが大分乏しくなっていきました。しかし当時はまだ右肩上がりで、毎年、定昇もあり、なんとか返済はできました。5年以上かかったと思います。借金返済シュミレーションを利用できるチャンスだったのですが、このときは何も知りませんでした。

 

借金返済の利用

 

その後に悩んだのは、住宅ローンのときです。娘が喘息になり、もっと空気のいい土地に引越ししなければと思い、土地探しです。あっちこっちに見に行きました。このときにも貯金は数百万円です。土地はやはり高かったです。その後に横浜からちょっと離れたところに土地を買いました。これも住宅ローンです。これは社内融資で借りました。

 

その後2年くらい寝かしていました。すぐには家は建てられません。資金がありません。会社からはすぐに家を建てろとの催促。これには参りました。銀行が貸してくれるのかどうかということです。カミさんと相談してもどうにもなりません。母親も勤めていたので、どうやら会社からいくらか借りられるということでした。そこで銀行に相談しました。どうやら借りられるようになりました。その後の返済もきつかったです。ほとんど貯蓄に手が回りませんでした。返済は口座振替で、給料をもらうと、すぐに口座振替でしたので、何とかなったと思います。車も新車は買えません。中古車です。車はこの繰り返しでした。住宅ローンはそれでも55歳で返済し終えました。

 

住宅ローンという名の借金は借金返済シュミレーションでも利用して計画的に返済するのがいいですね。

 

借金返済シュミレーションで計画的に

 

その後数年経ったら、今度は外壁の塗り直しです。これも悩みましたが・・・このままだといかれてしまうということで、塗り直しです。このときもあまり貯蓄がなかったので、母親に相談。母親に半分出してもらいました。

 

その後も今度はリビングの床が腐っているとかで、りフォーム。これも仕方がな出費です。このときも金が余りありませんでした。また銀行に相談して、月々は少なくしてもらい、ボーナスである程度の返済、後は退職金での返済という条件で借りました。退職金で返済したときはほっとしたものです。しかし退職金が大分減ってしまいました。このようにして私の一生は金の悩みの連続でした。

 

私は借金返済シュミレーション利用してこなかったのですが、やはり損なく返済するためには利用するべきだと思います。

 

今後の家の修理や医療費、葬式にいくらかは残しておきたのですが、なかなか溜りません。まだまだ金には悩みがつきそうにはありません。

 

更新履歴