大学時代、ローンの返済に苦しみました

MENU

大学時代、ローンの返済に苦しみました

大学時代に、キャッチセールスに遭ったことがあります。運悪く同じ時期に2件続けて…。

高額の英会話の教材費・レッスン料とサプリメントで、合わせて100万円以上のローンを組んでしまいました。

ちょうど英語の勉強やダイエットがなかなかうまくいかなかった時だったので、商品を購入すればその夢が叶うかもしれないと思ったのです。

「アルバイトを少し増やせば、大丈夫だろう」という軽い気持ちで契約をしてしまいました。

契約後しばらくして、「大変なことをしてしまったのでは?」という恐怖と不安に襲われました。

家族や友達にも相談できず、クーリングオフという手段も思い浮かばなかったので、一人で悩みを抱えてしまいました。

アルバイトを増やしましたが、大学の授業とアルバイトの両立は、予想以上にきつかったです。

せっかくレッスン料を支払っているのに、英会話教室に通う暇もあまりありませんでした。

ローンを返済しなければならないストレスで食べてしまって、サプリメントを飲んでもやせるどころか太ってしまいました。

悪循環に陥っていました。返済が滞ってしまって、ローン会社から電話がかかってきたこともありました。

その時は、両親と友人に立て替えてもらい、友人には後で返しました。

大学生活もあの時ローンさえ組まなかったらちがったものになっていたと思いますし、両親にも友達にも迷惑をかけたので、後悔しています。

もう二度とローンで失敗したくないです。