借金で学んだお金の大事さ

MENU

借金で学んだお金の大事さ

借金生活が始まったのは20歳の時からでした。正社員になってローンが組めるようになってから、カードを作れたり車もローンで買ったりほとんど何でもかえるような錯覚に陥ってました。元々末っ子で駄々をこねれば物を買い与えられるような環境だったのでそれに甘え我慢に弱くなっていました。社会人になってそのまま我慢できない自分を変える事ができず、カードのキャッシングやローン全部できなくなるまで使っていたら、総額200万くらいの借金にふくれあがっていました。仕事もコロコロ変え借金返済が毎月の習慣。ローンの支払いもなくきれいな家に住んでる人がうらやましく見えました。給料ももらう前に買い物をしまくったので当然の結果です。稼げる仕事がないかと、産業廃棄物のドライバーや歩合の多い営業、ビジネスなど自分の力のなさに落胆し、いつになったら返せるんだろうと焦りも募っていました。返済の滞納もあったり債務整理をしたりいろいろした結果コツコツ仕事を続け返せていってます。今思えるのはローンで苦しんだ時期があってよかったって思います。一戸建てをかうのに数千万。それをローンでかってる人はたくさん居ます。この20代でできたローンの失敗を活かし、もっとたくさん給料をもらえるような人間にならなければ行けないし、もっとお金を守る力をつけなければ行けないと強く感じていて、仕事も向上心を持てているので楽しい毎日です。