姉からお金を借りたて無事返却出来た

MENU

姉からお金を借りたて無事返却出来た

私は、高校を卒業してから車の免許を取得しました。その時の車高代は、貯金がなかったので、姉に貸してもらいました。約27万ほどでした。姉は、「返すのは、お金が貯まってからでいいよ。」と言ってくれました。私は、借りたことをあまり悪いことだとは思っていませんでした。むしろ、家族だからお金の貸し借りは問題ないだろうという気持ちでいました。働きながらお金を貯めていましたが、ふと思ったことがありました。それは、姉が返さなくてもいいよと言ってくれること、又は貸したことを忘れていてくれることでした。最低な考えでしたが、当時の私には金銭的にあまり余裕がありませんでした。逆に、姉は夜のお店で働いていたこともあり、貯金は何百万とあるのを私は知っていました。それだけお金があるのだったら、妹への投資だと思ってくれないかなと期待しながらお金を貯めていました。私が借りたお金を返せたのは、借りてから半年後の事でした。あの時は本当にありがとう、お姉ちゃん。短いようで長かったです。返すまでの間は、借りたことに関して姉と話すことはありませんでした。仲がこじれることもありませんでした。ただ、期待と不安だけが募っていました。私の場合は、不安のほうが大きかったです。なぜなら、姉とは時々遊びに出かけていて、その都度チケット代やランチ代などを払ってもらっていたからです。多少は、私も払っていましたが大半が半分以下でした。お金を貸してるのに、なぜ妹に奢らないといけないのか。一応働いているのだからそれなりにお金はあるばすなのに、なんて図々しい奴なんだと思われていたに違いないです。しかし私には借りたことに対する不安はあったものの、奢ってもらったことに対する感謝はあまりありませんでした。だって、妹だから。お金を無事返済できて、感じたことはいくら家族でも、出来るだけお金の貸し借りはしたくないなということでした。返済する期間が長くなればなるほど、相手との関係が少しずつ崩れていくと思います。そんな私は父親に80万貸しました。いや、差し上げました。せっかく100万貯金出来たと思った矢先のことでした。貸しても帰ってくる見込みはゼロですから。この事は、母親から頼まれました。母から、父へとお金は渡りました。私のお金と知っているはずなのに、感謝の言葉はありませんでした。この時点で、父親に対する信用は撃沈です。全国の借金をしているみなさん。お金を借りるときも、返すときもしっかりと相手にお礼を述べましょう。